材料一覧仮組み天板丸穴あけ棚組組み立て土台組み立て本体組み立て完成写真

ままごとキッチンの作り方 棚部分の組み立て方

ままごとキッチン棚部分の組み立ての説明ページです。このページではままごとキッチンの組み立ての基本となる、ネジ止めの下穴の説明となっています。

下の図(H1・H2)は下穴の断面図です。下穴のほとんどがこの2種類の穴になります。

H1 H2

まず穴あけの目印になるものを鉛筆などで板に書きます。


P-1穴あけ位置(PDF) 目印の位置はこちらの図面をプリントアウトして確認して下さい。

カット図面の閲覧、印刷にはAdobe Readerが必要です。パソコンにAdobe Readerがインストールされていない場合、左のバナーから (無償)ダウンロードしてご使用ください。

図面はダウンロードしてご自由にお使いください。ホームページやブログなどへの貼り付けにも制限はございません。


※赤色のラインは目印を付けた面になります。


H1-1

極端な絵になりますがドリルの穴が斜めになっている場合、下穴が通っていない状態になりますので、ままごとキッチン組み立ての際は目印を付けた面同士が接合される様にして下さい。


H1-2

目印を書いた面同士を合せると少々穴が斜めになっていても何とかネジは通ります。(あまり斜めになるとH2側の板の
割れの原因になりますのでご注意ください)

図面を元に目印を書いたら センターポンチを打って、 下穴H1・H2共にまず 2mmのドリルで穴を開けます。

  • 下穴H1は裏まで貫通させて下さい。
  • 下穴H2の穴の深さは約10mmです。 (大体で結構です)

次に下穴H1の2mm穴を4mmドリルで広げます。
(裏表どちらからでも結構です)


さらにH1の目印を書いた逆の面から7mmのドリルで5mmほど掘り込みます。


下穴H1にネジが納まった状態です。ネジの頭が飛び出るようでしたらもう少し7mmドリルで掘り込こんでください。


下穴を開け終わったら、接合部分にボンドを塗って
先に③と⑬をネジ止めします。


続いて⑪と⑫をくっ付けてままごとキッチン棚部分(P-1)の完成です。

材料一覧仮組み天板丸穴あけ棚組組み立て土台組み立て本体組み立て完成写真

おもちゃ即日発送検索
Copyright (C) 2022
木のおもちゃ屋SayWoodwork . All Rights Reserved.